リドカインは早漏治療薬にも使われる成分

リドカインは早漏治療薬にも使われる医薬品の成分です。基本的には鎮痛剤です。脱毛などの施術を行う際、痛み止めとしてリドカインは使われていますが、最近では早漏治療薬の主成分としても広く採用されており、世間の男性陣の間でも知られるようになりました。

皮膚に散布して使える安全な鎮痛剤です。一時的に皮膚表面の感度を低下させる働きを持っており、脱毛時に現れる一時的な不快感、痛みなどを大きく緩和します。また早漏治療薬としてリドカインを陰茎に散布すれば、元々性的な刺激を強く感じ取ってしまう男性の体質を改善出来ます。

ペニスの感度は当然高い方がセックスを満喫出来ます。しかし、感度が普通の人々よりも良すぎると、ほんの僅かな性的刺激を受ける事で反射的にペニスから精液を出してしまいます。感度を効果的にダウンさせる事で、早すぎる射精を防止し、長時間にわたった早漏体質の男性でもピストンが楽しめます。

早漏は男性のコンプレックスになりやすいものです。セックスを始めて、僅か1分から2分で反射的に射精をしてしまえば、女性から冷たい目で見られてしまいます。早漏でも射精さえすれば男性は満足出来ますが、女性は数分のピストンを受けるだけでは満足出来ないためです。

ロックスゼリーというPE治療に使える製品があります。主成分はリドカインとなります。リドカインは塗るタイプの薬(局所麻酔)であり、セックスを始める前にこっそりと使えば、コンプレックスが上手く改善出来ます。

ロックスゼリーの使い方ですが、一度にごく少量を手に取り、ペニスに散布します。大量につけると副作用のリスクが高まります。リドカインは少量でも高い効果を発揮しますので、無駄に大量につける必要はありません。副作用としては散布した部位の痒みや赤み等があります。

また副作用ではありませんが、リドカインは安全な成分とは言え、麻酔ですのでロックスゼリーを散布した後で、女性にペニスを舐めさせる等、口に医薬品の成分が入る行為は自重しましょう。口の中に激しい違和感を感じたり、痺れを感じる等のリスクが生じます。

ロックスゼリーは使い方がシンプルなPE対策のアイテムであり、コストパフォーマンスも良好です。ほとんど個人差がなく、早漏体質の改善が期待出来ます。リドカインの力を上手く借りる事で射精に至るまでの時間を効果的に増加させ、元々早漏に悩んでいた方でも、女性に圧倒的な満足感を与えられます。ペニスで10分以上、ピストンを繰り返せる様になれば、男性としての自信も蘇ります。