プリリジーとトノスの使い分け

早漏は心因性のものが多いとされていて、職場や家庭のストレスによってペニスに血液が流れにくくなることでセックス中に勃起状態を維持できなくなったり、早漏になるなどの症状が出るので、ストレスを取り除くことで短期間で完治することがあります。しっかりとストレスの根幹を断ち切ってスッキリとした表情の男性
また仕事などで忙しい時だけ早漏などの症状が出る男性も多いので、あまり気にせずにセックスをすることも大切です。
また30歳になると男性ホルモンの分泌が減少し始めるので、筋力トレーニングなどをして、筋肉の量を増やして、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促すことでEDの症状が改善する可能性があります。
プリリジーはSSRIの作用のある薬で早漏防止薬として開発されたので、射精を長くして正常なセックスができるようにします。
またプリリジーには脳内のセロトニン量を安定させる働きがあるので、緊張や不安を取り除いて心因性の早漏を防止することができます。
プリリジーはセックスの時だけ服用することもできますが、効果を高めるためには毎日服用を続けることが重要で、24週間程度服用を継続させると射精時間を3分以上長くするだけでなく、緊張や不安を感じにくくなるので気分の落ち込みなどを防ぐこともできます。
副作用としては性欲低下や射精障害などがあるので、これらの症状が出た場合には医療機関で薬を変更しなければなりません。
トノスは男性ホルモンと局所麻酔薬を含んでいる塗り薬で、亀頭の感覚を鈍らせることで早漏を防止する働きがあります。
またトノスには男性ホルモンが含まれているので、性欲を正常にすることができるのでセックスに対する不安などを軽減することができます。
トノスはプリリジーを服用できない20歳未満の男性でも使用することができるというメリットがあります。